日本ハムのキャンプは、名護市中心部の海辺にある。まさにリゾート。のんびりできる。見物客にとっては、理想的だろう。

サブグランド隣のサッカーグランドでは、午後の対戦相手の横浜DeNAベイスターズの投手陣がキャッチボールをしている。

01


サブグランドの外野では、今日投げる予定の日本ハムの投手陣がストレッチ。中に背番号「18」がいる。ハンカチは今日、4番手として3イニングを投げる予定だ。顔見知りのジャーナリストが教えてくれた。

02


ブルペンは、DeNAのものとよく似ている。横から見ることができる。ユニフォームではなくトレーニングウェア姿の左腕が一人で投げている。吉川光夫だ。小気味よい投球。

03


05


06


07


反対側はこんな景色。海の色が淡くて美しい。

04


内野の特訓が終わったサブグランドでは、上沢直之とドラ一の有原航平が、ファンと記念写真に納まっている。
JTBが企画した「日本ハムファイターズ キャンプ応援ツアー」の特典だ。

10



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1969年山内新一、全登板成績【ドラフト2位で入団も、2年目の初勝利】



広尾晃、3冊目の本が出ました。