地味だがレギュラー級が揃った5年間。ドラフト外でも積極的に選手を取り続けた。
通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイント。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。要するにドラフトで獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。青線以下はドラフト外。グレーは入団拒否。

F-75-79


1975年、満塁本塁打を打って走者を追い越してアウトになった行沢久隆が入団。宮本好宣は岩本勉を見出したスカウト。

1976年、ドラフトとドラフト外で13人を獲得。リードオフマンの島田誠、一時期のエース岡部憲章などドラフト外に実績を残した選手が多く出た。

1977年、強打の三塁手古屋、リーグ屈指の捕手になった田村を獲得。ユーティリティの五十嵐信一も。

1978年、守備の名手高代延博。指導者としても活躍。

1979年、一年限りの大投手、木田勇が出た。衝撃的だった。



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1969年山内新一、全登板成績【ドラフト2位で入団も、2年目の初勝利】



広尾晃、3冊目の本が出ました。