この球団のフロントは3年に1回くらいしか仕事をしない。今年もストーブを囲んで楽しいお話をしていたようだ。
左側が昨年の戦力、右側が今季。左側、移籍はオレンジ、戦力外、引退はえんじ色、右側、ブルーは他球団からの移籍、グレーは新人。文字のえんじ色は規定打席以上。

HT-H


MLBに挑戦するという鳥谷を引き留めて4億で契約しただけ。
なぜか「これで安心」と言う声があちこちで聞こえたが、おめでた過ぎるのではないか。

2011年オフ、阪神は下柳剛を戦力外にした以外、何もしなかったが、2012年、阪神は5位に沈んだ。

プロ野球にとって、現状維持は戦力下落に他ならない。
選手は1年たてば1歳年を取る。ベテラン選手は今年も前年同様の活躍をするとは限らない。
そして競争原理が働かないと、チームは失速する。

今年は西岡剛が昨年規定打席に達した上本と二塁の定位置争いをしている。また捕手もレギュラー争いがあるが、他は無風。

鳥谷敬のように、他の選手にポジションを譲らない選手が故障をすればどうなるのか、と言った準備はしていないように思われる。
マウロ・ゴメスが2年目も働く保証もない。

新人では江越大賀が目立っている。思い切ってスタメンで使うなど、刺激策が必要かと思う。

Egoshi


例によって期待を裏切る可能性は大いにあるのではないか。



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1974年鈴木啓示、全登板成績【西本近鉄での1年目】



広尾晃、3冊目の本が出ました。