恒例、NPBプレビューを鋭意作成中だが、今年の最大の異変は「巨人が動かなかった」ことだろう。

私はストーブリーグに関しては、選手をたくさん異動させたチームを高く評価している。
ファンにとって「百年一日のごとき」顔ぶれで野球をするチームより、毎年新しい選手を入れて、違うカラーになっていくチームの方がわくわくするからだ。

金にモノを言わせて選手を「大人買い」するのは顰蹙ものだが、一方で選手を抜かれてもほったらかしで、実質的に何も補強をしないチームは職務怠慢だと思う。
彼らは補強ではなくリストラをしているのだ。
内部の成長に期待しているのかもしれないが、そういうチームに限って選手が育っていないものだ。

ストーブリーグに関しては、巨人は「やるべきことをやっている」と思っていたのだが。
巨人、過去6年間の選手の新入団。ドラフトは1位選手のみ。
表の下段は、年俸総額(億円)と、そのリーグ順位

YG-2015


巨人は毎年、大物選手をFAやトレードで獲得するか、即戦力の大型新人をドラフトで取って戦力を増強させてきた。

2010年は日本ハムのドラフト指名を蹴って指名を待った長野久義、彼は外野のレギュラーを獲得し、新人王。
2011年は中央大の澤村を獲得。彼も新人王。
2012年はソフトバンクから杉内俊哉、ホールトン、横浜から村田修一を獲得。大型補強を行った。
2013年はこれまた日本ハムのドラフト指名を袖にした菅野智之を獲得。さらにMLBからは大物、ホセ・ロペスを取った。
2014年は、広島から大竹寛を、西武から片岡治大を取った。さらにキューバの至宝、セぺ打も獲得。

今年の目玉は?
相川、金城は確かに良い選手だが、バリバリの働き盛りとは言えない。前のチームでもレギュラーがおぼつかなかった。
ドラ1の岡本は期待は高いが、高校生だ。松井秀喜に匹敵するスケールとは思われていない。

今年は「目玉」がないのだ。日本の経済界は円安の風を受けて好景気に沸いている。オリックスやソフトバンクが大型補強をする中で、年俸総額もソフトバンクに抜かれて2位、昨年対比95%は、楽天の80%に次ぐワースト2位。

MLBではヤンキースの緊縮ぶりが話題だが、日米ともに金満球団に異変が起きている。

今季、どのように戦うつもりなのか、成り行きに注目したい。




私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1975年川畑和人、全登板成績【わずか3試合の登板】



広尾晃、3冊目の本が出ました。