「最弱」はまぬかれたがリーグ4位、しかし顔ぶれは魅力的だ。
左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定打席上。

HOU-H


外野のデクスター・ファウラーがトレードでカブスに。トロントのコルビー・ラスムスを獲得
さらに、レギュラー内野手を2人。

ジェド・ラウリーは返り咲き。長打もある打者だが守備にやや不安がある。たたヒューストン時代にキャリアハイ。チームになじんでいるかもしれない。

ルイス。バルブエナはデクスター・ファウラーの見返りとして投手のダン・ストレイリーとともにやってきた。
この選手は、昨年初めて規定打席に達した。粗削りだが長打力がある。荒っぽいドミンゲスとポジション争いをすることと思われる。

今、ロビンソン・カノとともに最も価値が高い二塁手と言われるホセ・アルチューブ、打率は低いながらも長打力抜群のクリス・カーターという二人の強打者を中心に、伸び代が大きそうな選手がたくさんいる。
信頼感のある捕手のジェイソン・カストロも心強い。

優勝争いをするとは思えないが、昨年よりさらに上位を目指すことが可能ではないか。

4/8補遺

HOU


三塁、荒っぽいドミンゲスを40人枠に落とし、カブスから獲得したバルブエナを正位置に。多少戦力は上がった。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
別部捷夫、チーム別&投手別&球場別本塁打数|本塁打大全




広尾晃、3冊目の本が出ました。