前の5年の迫力はなくなった。実績を残した選手はドラ1に集中していた。

通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイント。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。要するにドラフトで獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。グレーは入団拒否。青線の下はドラフト外。

Lions85-89


1985年、清原和博。デビュー時代、私は彼の成績に毎日一喜一憂したものだ。成功者ではあろうが、期待通りだったかどうかは疑問が残る。横田は後ロッテ、阪神。

1986年、森山良二は2年目に二けた勝利を挙げたが後は鳴かず飛ばず。

1987年、鈴木健は清原に次ぐ期待度だったと記憶している。彼は中距離打者として活躍した。

1988年、渡辺智男は才能を感じさせる右腕だった。しかし4年目からは成績が下落。後ダイエー。石井丈裕も一時期エースの働き。
垣内哲也は二軍最強の打者と言われたが一軍では1年だけ28本を打ったにとどまった。立派な体、迫力があった。

1989年、人気があった潮崎が入団。先発、救援で活躍。シャープな投手だったが線の細い印象。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1967年足立光宏、全登板成績【リーグ優勝&最優秀防御率】




広尾晃、3冊目の本が出ました。