レンジャーズやアストロズの表と比較してもわかるように、マリナーズの投手陣は出入りが少なく落ち着いている。投手陣だけを見れば、上位チームそのものだ。
左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定投球回数以上。

SEA-P


最も優秀な先発投手であるフェリックス・ヘルナンデス、精度の高い岩隈久志の2枚に加え、昨年はキューバ出身の新人エリアスがローテを維持。
今年はクリス・ヤングに変わってJAハップが加入、ここに右肩故障からシーズン終盤に復活したタイワン・ウォーカーが加わる。
円熟と若さが融合した魅力的な先発投手陣になるだろう。

救援投手はロドニーにはそれほど大きな期待はできないだろうが、ウィルヘルムセン、ファーカー、レオーネ、メディナと揃うセットアッパー陣は一級品だ。
カーソン・スミスと言う楽しみな大型新人もいる。

打線がこけなければ、マリナーズはいい線行くのではないだろうか。

4/8補遺

SEA


投手陣も故障者なし。キッカムを放出し、招待選手からオルソンをロースターに加えた。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
別部捷夫、チーム別&投手別&球場別本塁打数|本塁打大全




広尾晃、3冊目の本が出ました。