先発、救援の穴が開いたが、大きな補強はしなかった。
左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定投球回数以上。

TB-P


昨シーズン中にデビッド・プライスがデトロイトへ、ベダード、ヘリクソンの離脱は痛くはないが、空いた2枚の先発枠をスマイリー、コローメ、カーンズと言う実績のない投手で補う。ダメもとである。

救援陣はセザー・ラモスとジョエル・ペラルタが移籍。この穴をエンゼルスから獲得したジェプセンとフリエリで補う。
フリエリは復活できるか。
クローザーのマギーは期待できるが、信頼感のあったバルフォアも錆びついている。救援陣も顔ぶれとしては不足。

これをプロスペクト、そして招待選手から補う。招待選手には、ベルサリオなど実績のある投手も。阪神にいた左腕のザラテもMLBを目指す。

4/8補遺

TB


コッブ、スマイリー、マギー、コロンと主力どころの投手が軒並みDL入り。スマイリーはAAでリハビリ登板を開始しているが、悩ましい状態である。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
渡辺清、全本塁打一覧|本塁打大全



広尾晃、3冊目の本が出ました。