明らかにチーム力は上がっている。マネジメント力はどうか。
左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定打席以上。

TOR-H


捕手にマーティンを獲得。最も信頼性がある捕手の一人。ナバーロはDHに回る。DHのリンドはミルウォーキーへ。

冴えない三塁手のファン・フランシスコのかわりにジョシュ・ドナルドソン。フランシスコは招待選手。この落差は大きい。エンカ―ナシオン、バウティスタと並ぶ打線は大迫力だ。

メルキー・カブレラはホワイトソックスへ、代わりにソーンダースがマリナーズから。

二塁は今のところマイサー・イズトゥリスと言うことになっているが同い年の川﨑とそん色はない。
川﨑は実績で見ても招待選手ではトップクラスだ。招待選手にはダヤン・ビシエドと言う大物もいる。

毎年戦力はそれなりに充実しているが、後半に失速する。好人物で知られるギボンズ監督はこの戦力をうまく使うことができるだろうか。

4/8補遺

TOR


マイケル・ソーンダースを招待選手から引き揚げたが、ひざの手術でDLいり。5月に復帰か。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
渡辺清、全本塁打一覧|本塁打大全



広尾晃、3冊目の本が出ました。