良い選手がぽつぽつ出てきている。楽しみな顔ぶれ。

通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイント。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。要するにドラフトで獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。線の下は育成枠。

lions-10-14


2010年、斎藤佑樹のチームメイトだった大石には期待がかかったが故障で投げることができない。しかしアンダースローの牧田がエース級に。
秋山も身体能力が高い。

2011年、十亀はもう少しで一線級に。永江は代走が多い。この年、育成選手を始めて取る。

2012年、相内は野球以外で話題になる。金子は定位置を取るか。高橋がクローザーとして活躍。

2013年、森は打撃で売り出す可能性がある。

2014年、高橋光成の前評判が高い。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
渡辺清、全本塁打一覧|本塁打大全


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1973年小山正明、全登板成績【320勝を達成し引退】



広尾晃、3冊目の本が出ました。