大きな動きはなかったが、戦力は確実に減退した。
左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定打席以上。

BAL-H



本塁打王ネルソン・クルーズがマリナーズに移籍、クリス・デービスが馬脚を現す中、本当の主軸を失った。

さらに痛いのは、チームリーダーたるマーケイキスがアトランタに移籍。
チームはこの穴を十分には埋めていない。
トラビス・スナイダーをピッツバーグから獲得。昨夏ホワイトソックスから獲得したデ・アーザ、そしてピアースをレギュラーに据えるようだが、迫力は減退した。

捕手は本来の正捕手であるウィータースが座りそうだが、万全ではないかもしれない。

内野、外野に力が近接した中堅どころの野手が何人もいる。規定打席に達する野手は減るだろう。

アリーグの東地区の覇権はオリオールズの戦力ダウンによって、混とんとしつつある。

4/8補遺

BAL


内野の要、ハーディが左肩の故障でDL。捕手のウィータースも3/27にDL入りしたが、いじれも復帰は早い模様。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
渡辺清、全本塁打一覧|本塁打大全



広尾晃、3冊目の本が出ました。