投手陣も魅力的とは言えない。
左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定投球回数以上。

MIN-P


コレイア、ピノと言ううまくいかなかった先発投手を放出。かわりにエルビン・サンタナを獲得。タフな投手だが、ERAが5点台のシーズンが3回もある。
昨年シーズン中に獲得したミローンは、少し働いたが、ノラスコも下り坂。今年もエースのヒューズ以外が投げるときは期待できないだろう。

救援陣は、ストウファーが入っただけ。信頼できるとは言い難い。
クローザーのパーキンスも2013年の勢いはなくなった。勤続疲労の感がある。
ダンシング、あるいはプレスリーの方が見込みがありそうだ。

いずれにしても、浮上の兆しは感じられない。

4/8補遺

MIN


アービン・サンタナが4/3に薬物検査で陽性反応が出て80試合の出場停止。招待選手のトレバー・メイを40人枠に加えた。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1973年小山正明、全登板成績【320勝を達成し引退】



広尾晃、3冊目の本が出ました。