極端にパークファクターが打者寄りに偏ったチーム。数字がチームの実力を物語っていない。何らかの是正が必要かと思われる。

左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定打席以上。

COL-H


昨年のレギュラークラスは異動なし。あまりやる気はないと見た。

正捕手はロサリオからハンドリーに変わりそうな模様。外野は長期離脱したカルロス・ゴンザレスが復帰。スタッブスが4番目の外野手になりそうだ。

昨年、モルノーが首位打者を獲得。今年も打線はそこそこ活発ではある。

昨年規定打席に達しなかったトロウィツキ、アレナード、前述のゴンザレス、ディッカ―ソンが完全に復活すれば、ものすごい打線ができる。

しかしこのチームは多少打線が振るっても勝てない。
相手チームもどんどん打つからだ。

打線については、とりあえず言うことはない。

4/8補遺

内野のカルバーソンがDL入り。クリスチャン・アダムスを招待選手から40人枠に。

COL





私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
東急・東映・日拓・日本ハム 開幕投手一覧