ERA3点台の投手がほとんどいない。打者は過大評価され、投手は過小評価される。
左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定投球回数以上。

COL-P


モラエスがカンザスシティへ、シャシンはリリース。フィラデルフィアからカイル・ケンドリックがやってきた。
4点台なら御の字という先発陣だが、見た目ほど悪くはない。デラローサ、ライルスあたりは二けた勝利も見込めよう。
ただ100回を投げそうな投手が4人しかいない。絶対的な先発不足。

先発が早くに降板するので、救援投手の投球回が嵩む。まだ中継ぎの方が数字はマシだ。
しかし実績のある救援は3枚程度、こちらもコマ不足だ。
しかもクローザーのホーキンスはMLB現役最年長の42歳。

アクスフォード、ディアズなどを獲得したが、投手陣の体を成していないと言えよう。

今年も期待はできそうにない。

4/8補遺

COL


先発のデラローサがDL入りしているが4月中に復帰できそう。大きな変動はない。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
東急・東映・日拓・日本ハム 開幕投手一覧