ドラ1は不作が多く、下位に逸材が揃った5年間。
通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイント。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。要するにドラフトで獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。グレーは入団拒否。線の下はドラフト外。えんじ色は移籍。

BR-1980-1984


1980年、川村一明はプリンスホテルを経て西武。3位につなぐ野球の名手弓岡が出る。ドラフト外の小島は1年目に6勝。

1981年、高知、中村高校で甲子園を沸かせた山沖が大成。87年には最多勝。南牟礼豊蔵、村上信一、福原峰夫と脇役が活躍した。

1982年、PL学園の榎田健一郎は期待されたが振るわず。藤田浩正は逆転満塁サヨナラ本塁打で知られる強打の捕手。のち巨人。柴原実は代打。

1983年、中京高校の野中徹博は鳴り物入りで入団するも0勝に終わる。のち台湾を経て中日、ヤクルトで2勝4セーブ。5位に技巧派左腕の星野が出る。阪急最後のエース。

1984年、この年の1位、白井も振るわず。古溝克之は阪急、阪神で中継ぎとして活躍。熊野輝光は新人王、外野守備でも鳴らした。高橋智は「デカ」と言われたスラッガー、オリックス草創期に活躍。福良淳一は内野守備の名手、バントの名手でもあった。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1956年安原達佳、全登板成績【2年連続2ケタ勝利&リーグ優勝】


広尾晃、3冊目の本が出ました。