今日、MLBは開幕。30球団目を紹介する。ドジャースの打線は強化された。
左側が2014年、右が2015年の陣容。欄外は移籍元、移籍先の球団。えんじ色は規定打席以上。

LAD-H


貧打の捕手、エリスに変わってパドレスのグランダルがやってきた。こちらは長打がある。

二塁の盗塁王、ディー・ゴードンをマイアミに出したのは全く不可解だが、スモールボールはやらないということか。しかし中距離打者で早打ちのケンドリックが代わりではマイナスのように思えるが。

気分屋の噂のあるハンリー・ラミレスに変わってフィリーズ王朝の生き残り、ロリンズ。現実的な補強ではあろう。

少し前までドジャースの看板だったマット・ケンプは同地区のパドレスに移った。

イーシア、ターナーが控えにいる。層は厚いと言えよう。

今、最も信頼がおける打者であるエイドリアン・ゴンザレスと身体能力抜群のヤシエル・プイグの中軸は強力。
打線は一級品である。

4/8補遺

LAD


大きな変動なし。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1956年安原達佳、全登板成績【2年連続2ケタ勝利&リーグ優勝】


広尾晃、3冊目の本が出ました。