地味な脇役が揃った5年。88年は阪急からオリックスに身売りした年。
通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイント。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。要するにドラフトで獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。線の下はドラフト外。えんじ色は移籍。ベージュ地は現役。

BR-1985-1989


1985年、ドラフト上位は活躍しなかったが外野守備の名手本西が入団。

1986年、高木はダイエー、ロッテなどで19年間も投げた。3位の中島は今は日本ハムにいる。阪急のユニフォームを着た最後の現役選手。藤井は活躍期間は短かったが、リーグ屈指の強打者。

1987年、阪急、横浜、阪神で活躍した伊藤敦規、オリックス一筋の伊藤隆偉と言う二人の救援投手が出た。山内も救援で活躍。

1988年、守備の名手小川博文が出る。横浜でも活躍した。

1989年、ドラ一はパンチ佐藤。野球では5年間しか出場しなかったが、タレントとして今も活躍。
※高橋の成績修正しました。感謝。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
1956年安原達佳、全登板成績【2年連続2ケタ勝利&リーグ優勝】


広尾晃、3冊目の本が出ました。