個性派の選手が出たが、トータルではあまり冴えない5年間だった。

通算安打=Hと通算勝利数=W セーブ=S、そしてH=1ポイント、W=10ポイント、S=5ポイントでチームごと、リーグごとのポイントをつけた。グレー地は入団拒否。えんじ色は移籍。移籍後の記録は加算していない。ただし元のチームに復帰した時はその数字も加算。要するにドラフトで獲得した選手が、直接的にどれだけ貢献したかを数値化。線以下はドラフト外。

TW-1970-1974


1970年、選手と言うより球団幹部として重きを成した野口が出た。彼もPL学園。鵜沢達雄は王の700号提供者として知られる。

1971年、竹内は2年目に9勝したがその後は冴えなかった。奥江英幸はロッテでも活躍した。遅咲きの大器、スイングが速い高木由一がドラフト外で入団。

1972年、安打製造機長崎慶一、主砲の田代富雄が出る。長崎は2000本が可能な打者ではなかったか。杉山知隆は日本ハムに移籍してから開花した。益山性旭は指名を蹴ったが、伊藤一雄による「性は〇〇の」のエピソードはこのときのもの。

1973年、華麗な守備で鳴らした山下大輔が出る。野口(法政)、長崎(法政)、山下(慶應)この頃までの大洋は、ドラフト以前からの“東京六大学の有名選手コレクター癖”が続いていた。

1974年、根本隆、左腕の宮本四郎と大川浩は、中継ぎで投げた。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!




クラシックSTATS鑑賞もご覧ください。
堀井和人、全本塁打一覧|本塁打大全