後半戦の記録。日程を見ればわかるが、非常に苛酷。選手たちはアメリカのマイナー野球そのものを体験している。
対戦したのは北米の独立リーグ、キャンナムリーグの各チーム。
ロックランド・ボールダーズは、関係者によれば「ベイスターズより打つんじゃないか」という打棒だった。

 【四国IL plus 2015北米遠征】 「夜霧に消えた勝機、序盤の失点重く3連敗」(対ロックランド・ボールダーズ 交流戦第9戦)
009


【四国IL plus 2015北米遠征】 「サヨナラ負けも見えた『気迫』と『執念』」(対ロックランド・ボールダーズ 交流戦第10戦)
010


【四国IL plus 2015北米遠征】 「『侍の逞しさ』で、カナダラウンド緒戦飾る!」(対トロワリヴィエール・エーグルス 交流戦第11戦)
011


【四国IL plus 2015北米遠征】 「北米の地で『不動心』を備えよ」(対トロワリヴィエール・エーグルス 交流戦第12戦)
012


【四国IL plus 2015北米遠征】 「『空転』の9イニング」(対トロワリヴィエール・エーグルス 交流戦第13戦)
013


ケベックにはグリエル兄弟の長兄がいる。

【四国IL plus 2015北米遠征】 「『スター集団』からもらった収穫と課題」(対ケベック・キャピタルズ 交流戦第14戦)
014


【四国IL plus 2015北米遠征】 「ネイラーから伝播した『ヤマトダマシイ』」(対ケベック・キャピタルズ 交流戦第15戦)
015


【四国IL plus 2015北米遠征】 「完璧な6勝目でフィナーレへ弾み!」(対オタワ・チャンピオンズ 交流戦第16戦)
016


【四国IL plus 2015北米遠征】 「雨天中止、日程打ち切りでキャンナムリーグ全16戦を終える」(北米遠征・総括)


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


1959年荒巻淳、全登板成績【リリーフで17勝】