イチローは今朝のタンパベイ・レイズとの交流戦に代打で出場し、2打席に立ったが凡退した。9月の通算打率は.143となった。

イチローの今季成績。

Ichiro201509


月間打率が3割を超えた5月には多少の期待感があった。たった1日だが規定打席にも達した。

しかし6月以降の成績は目も当てられなかった。
8月前半に少し好調の時期があったが、その反動なのか、そのあとひどい不振が続いた。
9月に入っても、全く数字は上がらず、月間打率は.143というかつてない数字を記録した。

率直に言うが、これは「不振」ではない。「実力」だ。すでにイチローはMLBでまともにプレーする戦力を有していないと断ぜざるを得ない。

今月中に42歳になるイチローは、MLBではもはや戦力ではない。

日本ではイチローの偉大さや、マーリンズ関係者がイチローを評価する声がたくさん報道されている。現地の報道は日本向けのサービスである。

私も過去の実績は心底素晴らしいと思うし、今年も5月の好調時には本気で期待もした。
代打成績が良かったときは、それも取り上げた。

しかし8月後半からのイチローはもう「終わっている」。
マーリンズが解体モードに入って、試合を投げているために起用されているが、打者としてはMLB最低クラスになっている。

この成績で来季の契約を望むのは無理である。

MLB3000本安打が目前ではあるが、その記録のためだけに現役を永らえるのは、晩節を汚す行為だ。

イチローは2000本、3000本と言う節目の記録のために、現役に拘泥する「凡百の大打者」の一人ではないはずだ。

他の誰にもできない記録を次々と生み出し、打席でも、塁上でも、守備位置でもわくわくするような動きを見せてくれた。別格の選手だ。


イチローとの23シーズンは本当に幸せだった。

だから今、バットを擱くべきだと思う。自分の記録に拘泥して見苦しいところを見せることなく、美しいままでMLBを引退すべきだ(NPBに復帰する余地はわずかながらあると思うが)。

それこそが、不世出の選手、イチローにふさわしい。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


D.ジョンソン、全本塁打一覧|本塁打大全