日刊スポーツ
ジャイアンツが青木宣親外野手(33)の来季契約選択権(年俸550万ドル=約6億6000万円)を破棄したと4日(日本時間5日)に複数の米メディアが伝えた。青木は違約金70万ドル(約8400万円)を受け取り、フリー・エージェント(FA)となる。

一時期は、オプションを選択するという報道もあったが、結局、青木を放出した。たしかにリードオフマンとして素晴らしい成績を残してはいたが、大きなリスクを踏んでまで引き留める選手ではないと判断したのだろう。

日本のメディアは、サンフランシスコのファンがかんかんに怒っていると報じているが、そんなことはないだろう。多くのファンは妥当な判断だと評価していることだろう。」

エバンスGMが、「(青木との)対話を閉ざしたわけではない」と言っている通り、いったん契約を破棄したうえで、より低い年俸で契約しなおす可能性もある。ようするにリスクと天秤にかけて「時価」が下がったのだ。青木は「訳アリ商品」になってしまったわけだ。

今季の青木は3割、200本を目指す勢いで打っていた。打率.312だった6月20日、ドジャーズ戦で1回にフリアスにぶつけられる。右足首の骨折で1か月を棒に振り、7月27日に復帰するが、8月9日のカブス戦でアリエッタから頭部に死球を食らう。
この後も試合に出続けたが、成績は急落。本人も不調を訴え、9月3日を最後にDL入りした。
頭部への死球を受けてからは51打数10安打の.196に終わった。

脳震盪の影響は、深刻である。めまい、ふらつき、頭痛などの障害に悩まされることもある。
MLBではジャスティン・モルノーが2005年4月6日に受けた死球による脳震盪で、成績が急落。一時期は復活したが、2010年7月に再発し、以後も後遺症に苦しんでいる。

青木の場合、頸椎の損傷も懸念されているようだ。

8521661


大相撲には「三しない力士は出世する」という言葉がある。
「怪我しない」「病気しない」「気にしない」力士は出世するということだ。
病気は自己管理である程度防ぐことはできるだろうが、アスリートにとって怪我は不可避だ。この言葉は体が頑健で、精神が強く、そして運が良い選手は出世するということだろう。

怪我で前途を断たれた選手は多い。
最近では、赤星憲広が記憶に新しい。彼は外野守備で無理なダイビングキャッチを繰り返し、脊柱に致命的なダメージを負った。

ミズマ―こと水谷実雄は、1984年、ロッテ土屋正勝から受けた頭部への死球で翌年引退。阪急に移籍後、強烈な存在感を示していただけに、残念だった。

古い話で言えば、阪神の三塁手三宅 秀史は、1962年9月に僚友小山正明のキャッチボールの球がそれて左目に当り、失明に近い負傷をし、以後、成績が急落した。

もちろん、MLBには1920年8月、死球で死んだレイ・チャップマンという最悪の事例がある。この悲劇が打者のヘルメットの着用につながったとされる。

運が悪い選手は、大選手にはなれない。これは真理だろう。大選手は同じようにプレーしても、故障しない。

いわく言い難いことではあるが、青木宣親の「残りの運」が、たくさんあることを願わずにおれない。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年R.バンデンハーク、全登板成績【リリーフ投手のような奪三振率】