IBAFランキングとは別に、これまで見てきた印象や、選手の印象などに基づいて、実力を「見える化」してみた。
IBAFランク順。薄いグレーは、その国の選手の分布。濃いグレーは今回の選手の実力
MLB以下、アメリカのメジャー、マイナーリーグのヒエラルキーを実力の目安にした。

P12Rank


日本は、MLB選手は来ていないが、NPBのトップクラスがやってきている。AAAAと評されるが、MLBの下位ランクからAAAの上位に相当する実力と考えられる。

アメリカは、もちろんMLBのトップランクの選手を擁しているが、プレミア12にはAAAランクの選手しか来ていない。

キューバはトップクラスの選手が来ているが、国の実力が低下しているので、この程度だと思う。

台湾のプロ野球はAAクラスだと思われる。

オランダはNPBの選手、MLBの元選手が中心。実力的にはこの程度か。

ドミニカもアメリカ同様、MLBのトップ選手がたくさんいるが、今回はこのランクか。
カナダも同様だが、来ている選手の力量がやや上だったのではないか。

韓国もMLB選手は出てきていないが、KBO、NPBのトップ選手が来ている。

プエルトリコ、ベネズエラもドミニカとほぼ同様。

イタリアはNPBのマエストリなどはいるが、全体のレベルは低い。

メキシコはこんな感じか。着てみたら意外に強かった。

本当のWBCは、トップクラスの選手だけで覇を競うべきだ。
今回はAAAA、AAA世界一決定戦だというのが、納得できるのではないか。

IMG_1290


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2012~14年山内壮馬、全登板成績【初の2ケタ勝利も、3年後はドラゴンズを去る】

発売しました!