リーグ戦とトーナメントの組み合わせだから、実力と運のハイブリッドな表ではある。しかし大会の全容はわかるだろう。


11月8日から21日までの大会のトータル。P%はピタゴラス勝率。

puremia12Total


勝率では日本、カナダ、韓国、アメリカの順。韓国はリーグ戦で日本とアメリカに負けている。
しかしピタゴラス勝率では、韓国は1位になる。得失点で見れば韓国は日本を上回るのだ。
特に勝った試合は圧勝が多かった。
日本は辛勝がいくつかあった。

000


決勝トーナメント、準々決勝でA組が全敗した。一発勝負だからこういうことも起こりうるが、グルーピングに問題がなかったとは言えない。
主催国台湾を残すために、A組に比較的弱そうな国を集めたと見えなくもない。それでも決勝トーナメントに出ることができなかったのは残念だが。P勝率では5割を超えていた。勝つときは大勝、負けるときは惜敗だったのだ。

キューバはMLB選手不出場の影響を受けないのにめっきり弱くなった。
反対にドミニカ共和国は、MLB選手が出ないとここまで弱くなる。
最弱はイタリア。仕方がないが、これで意欲を失わないでほしい。

1115-01


いろいろ問題があったが、有意義な大会だったと思う。次回もぜひやるべきだ。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年涌井秀章、全登板成績【5年ぶりの2ケタ勝利で最多勝獲得】
発売しました!