投手陣も顔ぶれはほとんど変わらなかった。フロントは仕事をしていない。
2014年と2015年の比較。PRは(リーグの平均防御率―その選手の防御率)×投球回数÷9で求められる。
平均防御率よりも防御率が低くて、より投球回数が追い投手の数字が高くなる。
PRのマイナスは赤で示した。投球回数順。

HT-P-1


藤浪、メッセンジャー、岩田、能見の4本柱は変わらず。
メッセンジャーは前半不振に陥り、サンティアゴという「かませ犬」を入れられたが、後半は立ち直った。
藤浪ともども、登板過多が気になるところだ。
岩田は今年も打線の援護はなかった。能見はだんだん数字が落ちている。

それに続く先発陣は、4本柱と大きな差がある。ドラ1の横山は期待を裏切った。

救援陣は、39歳の福原と38歳の安藤が相変わらずセットアッパーとして踏ん張っている。ここに食い込んでくる若手も見られない。
呉昇桓は、「そこそこ打たれるが最後は抑える」クローザーになった。救援投手はデビューから徐々に防御率が下落することが多い。来季はたとえ残留しても、防御率は3点台になるのではないか。

トータルの数字。Rkはリーグ順位

HT-P-2


トップクラスではないが、リーグ上位。しかし防御率が落ち込んだために、PRは5位になっている。
悪くない投手陣だが、下降傾向ということだ。

来年36歳になる藤川球児の入団が話題になっているが、投手陣も若手の台頭がなければ、浮上できないだろう。

IMG_6432


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2014・15年若松駿太、全登板成績【2年目に飛躍の2ケタ勝利】

発売しました!