毎年思うのだが、巨人はオフにチーム強化のために努力をしている。他球団のように怠け者ではない。しかし近年はそれが実を結ばない。
打撃成績 2014年と2015年の比較。ベージュは移籍選手。ブルーは加入選手。グレーは新人。

YG-H-1


ホセ・ロペスを放出、他球団からベテランの強打者を入れた。
ロペスは期待値に達しなかったし、勝負弱かった。一塁には捕手から阿部慎之助をコンバートすることが内定していた。大打者阿部の復活を期待したのだ。
またベテランの新加入選手の期待したのではなく、昨年期待を裏切ったレギュラー陣の底上げに期待したのだろう。
しかし、阿部、片岡、坂本、村田、長野というそうそうたる顔ぶれが、すべて数字を落とした。
盛りを過ぎた選手だけでなく、働き盛りの選手も成績が下落。モチベーションの低下があったと思われる。

守備でも捕手の小林を進退し続けることができず、阿部も含め何人もの選手がマスクをかぶった。

レギュラー陣の低迷が続いているのにもかかわらず、若手の起用も中途半端に終わった。
また、フランシスコ、カステヤーノスという“使えない外国人”を持ってきて、失笑も買った。

結局、“優勝”と、“チームの育成”という2つのテーマを両立しなければならないために、妥協の産物のような打線しか組めないのだ。
唯一、ソフトバンクからやってきた立岡が、外野のレギュラーの座を得たが、彼とて来年、その位置が約束されているわけではない。

チームトータルの数字 Rkはリーグ順位

YG-H-2


リーグ中下位。勢いのない打線になってしまった。
他球団なら、優勝はあきらめて、チーム作りにいそしむ時期に差し掛かっていると思われる。高橋由伸新監督にその猶予が与えられるだろうか。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2014・15年若松駿太、全登板成績【2年目に飛躍の2ケタ勝利】

発売しました!