ヒッターズパーク神宮を拠点にしている不利はあった。しかし投手陣自体がだらしなかったのも事実だ。

2014年と2015年の比較。PRは(リーグの平均防御率―その選手の防御率)×投球回数÷9で求められる。
平均防御率よりも防御率が低くて、より投球回数が追い投手の数字が高くなる。
PRのマイナスは赤で示した。投球回数順。

YS-P-1


昨年は、規定投球回数に達したのは石川雅規一人、2年目の小川は故障で戦線離脱、ナーブソン、石山、八木らもぱっとせず。
救援の秋吉は頑張ったが、クローザーのバーネットは一時期戦線離脱。

今季は、救援陣に巨漢のオンドルセクが入る。これに秋吉、ロマンがつながって、6回以降絶対的な勝ちパターンを作った。

先発投手陣も小川が復活。しかし新加入の成瀬はぱっとしなかった。

PRの赤字を見れば、どこに問題があったかがわかる。

トータルの数字。Rkはリーグ順位

YS-P-2


セーブ数が4位から2位タイ、ホールド数が6位から1位に。他の数字もおおむね好転している。しかしPRはまだマイナス。防御率基準見れば、なみ以下の投手陣なのだ。

バーネットの去就は気がもめる。彼が実質的な投手のMVPだったのだから。

IMG_6215



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2012~15年二保旭、全登板成績【7年目のブレイク、初勝利と日本一】

発売しました!