打つ手がすべて裏目に出た。あまり強化に熱心でなかったチームが、にわかに補強を奮発すると、よくこういうことが起こる。



前年、久々にポストシーズンに進出し、大いに盛り上がったオリックス。2014年オフは一人勝ちの様相だった。

打撃成績 2014年と2015年の比較。ベージュは移籍選手。ブルーは加入選手。グレーは新人。

OB-H-1


ペーニャを放出し、最強外国人打者のブランコを補強。元打点王の小谷野も獲得。さらに争奪戦を経てアメリカ帰りの中島裕之。
レギュラークラス3枚を補強。
ソフトバンクに対抗する戦力は整ったと思われたが。

チームリーダーで前年首位打者の糸井が大不振。久々に復活したT-岡田は外野に回ったが故障もあって成績は急落。
そして3枚の補強カードは完全に期待を裏切った。
ブランコと小谷野は故障で、そもそも試合に出られなかった。
中島は信じられないような不振。

あれほど補強しながら打線が弱体したため、BCリーグ群馬からカラバイヨを獲得。
これも故障で離脱した平野の後釜の二塁にはドラ7の西野が定着。リードオフマンとして活躍したが7月に手首を骨折し、シーズンを終えてしまった。

ここまで裏目に出たチームも珍しい。

トータルの数字 Rkはリーグ順位

OB-H-2


ソフトバンクに次ぐ2位だった打線は5位に転落。
今オフはブランコ以外の外国人野手を総入れ替えするようだが、身の丈に合った補強をすべきだろう。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年東明大貴、全登板成績【2年目の成長、2ケタ勝利&規定投球回入り】


発売しました!