昨年大補強したソフトバンクは、今年、ほとんど動かなかった。しかし“自然増”で強大化した。



打撃成績 2014年と2015年の比較。ベージュは移籍選手。ブルーは加入選手。グレーは新人。

SB-H-1


層の厚さを如実に物語るのが、2013年の最多安打、首位打者で前年も3割を打っていた長谷川勇也が、右足の故障で出遅れたにも関わらず、打線が全くパワーダウンしなかったことだ。
柳田悠岐はすでに昨年、チーム一のRCを記録していたが、今季はそれをはるかに上回った。
また昨年、3割こそマークしたが本塁打、打点で物足りない成績だった李大浩、松田宣浩がパワーアップ。
中村晃も連続で3割をマークした。
内川聖一が下り坂なのが気になるが、これだけ役者がそろえば、という感じだった。

問題点はなくはない。捕手はご多分に漏れず打線の穴となっている。ベテランの高谷が一番多くマスクをかぶったが、正捕手とは言えないだろう。
また李大浩がDHになった後の一塁も固定できなかった。

トータルでの成績 Rkはリーグ順位

SB-H-2


打率は大きく下がったが長打、得点力の数値は上がっている。一発の怖さを秘めた打線になった。

来季、李大浩は離脱が確実。松田もいなくなる可能性が高い。長谷川は復帰するだろうが、このままいけば戦力ダウンだ。
しかし、このチームは育成がうまい。上林あたりがブレークする可能性もあろう。
ウィンターミーティング終了後に、孫オーナーが大物外国人を連れてくる可能性もあるのではないか。

IMG_2904


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年宮西尚生、全登板成績【8年連続50試合以上登板のタフネス】



発売しました!