投手陣もアクシデント。しかし勝った。勝つチームはどうやっても勝つのではないか、とさえ思える。


セントルイス・カーディナルス 100勝62敗 ナ・リーグ中地区1位

2014年と2015年の比較。PRは(リーグの平均防御率―その選手の防御率)×投球回数÷9で求められる。
平均防御率よりも防御率が低くて、より投球回数が追い投手の数字が高くなる。
PRのマイナスは赤で示した。投球回数順。

STL-P


現在のMLBで最高の投手の一人、アダム・ウェインライトは4月25日にアキレスけん断裂。9月まで投げることができなかった。

その穴は一人では埋まらなかったが、安定感のある先発投手が5人、二けた勝利を挙げた。
昨年夏に加入したベテランのラッキーが予想を上回る活躍。誰が先発でもレベルが落ちなかった。

救援陣は、クローザーのローゼンサルが昨年を上回る活躍。シーグリストもレベルの高いセットアッパーだった。

驚異的なのは、マウンドに上がった23人の投手のうち、20人がリーグの平均防御率を上回っていた(PRが黒字)こと。誰が投げてもレベルは落ちなかったのだ。

リーグ防御率は当然1位。強いチームとはこういうチームなのだろう。



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年西野勇士、全登板成績【クローザー2年目、セーブ失敗0の驚異】


発売しました!