この球団は、このままでいいのかと常に思ってしまう。フランチャイズを変えるべきではないのか。
コロラド・ロッキーズ 68勝94敗 ナ・リーグ西地区5位

高地でボールが飛ぶ立地のために、このチームだけが異次元の野球をやっている。

2014年と2015年の比較。ベージュは移籍、ブルーは新加入。グレーはMLB初昇格。文字のえんじ色は規定打席以上。

COL-H


パドレス、オリオールズを経由してニック・ハンドリーが、加入。
若手のルートギーは、レッドソックスに移籍。

前年の首位打者モルノーは5月中盤にDL入り。若手のベン・ポールソンが入る。

チームは5月に連敗し、早々にペナントレースをあきらめる。看板選手のトロウィツキーをフラッグシップディールでトロント・ブルージェイズに出す。
かわりにホセ・レイエスを獲得したが、この選手はもう終わっている感がある。

昨年はチーム打率がNL1位、今季も2位。
それでいて最下位。
要するに打者は実力をではなく、下駄をはかせてもらって数字を挙げるが、投手はそのプラス分を吹っ飛ばして余りあるマイナスになる。

毎年このチームの数字を見るたびにやりきれない思いがする。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年西野勇士、全登板成績【クローザー2年目、セーブ失敗0の驚異】


発売しました!