5割復帰は成らなかったが、投打ともに成績は向上した。

アリゾナ・ダイアモンドバックス 79勝83敗 ナ・リーグ西地区3位
かなり本格的に補強をした。やる気の見えるオフシーズンだった。

2014年と2015年の比較。ベージュは移籍、ブルーは新加入。グレーはMLB初昇格。文字のえんじ色は規定打席以上。

ARI-H


大黒柱のゴールドシュミットが、昨年8月の死球禍から立ち直り、フルで活躍。リーグ屈指の働きをした。

そしてもともと守備範囲の広い外野手として売り出し中だったAJポロックが、今季は足に加えて20本塁打。大型2番打者として開花した。

さらに、身体能力が高く期待されていたデビッド・ぺラルタが外野の正位置を獲得。ゴールドシュミットに次ぐ打者に。

エンダー・インシアルテも3割をマークした。

捕手はミゲル・モンテロがトレードされる。チームは若いゴールズウィッシュを正捕手に使うつもりだったが、最終的に正捕手はマリナーズから来たウェリントン・カストロに。打撃ではこちらの方が上だった。

三塁は、新人のジェーク・ラムがシュアな打撃と堅実な守備で正位置を獲得。

キューバから6年総額6850万ドルで獲得したヤスマニー・トーマスは、当初三塁で起用されたが、ラムの台頭とともに後半は外野で使われた。
しかし本塁打も少なく、打率としてもやや物足りない成績に終わった。

完全ウェーバーのドラフトの恩恵を受けて、チームは良い若手が育ちつつある。レギュラー全員が20代。

リーグ打率は2位、打線だけならポストシーズンが狙える陣容になりつつある。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年R.メッセンジャー、全登板成績【惜しくも5年連続2ケタ勝利ならず】

発売しました!