“有名人”がならんでいるが、期待通り働いた選手は少なかった。投手に寄りかかった優勝だった。

ロサンゼルス・ドジャース 92勝70敗 ナ・リーグ西地区優勝

2014年と2015年の比較。ベージュは移籍、ブルーは新加入。グレーはMLB初昇格。文字のえんじ色は規定打席以上。

LAD-H


韋駄天ディー・ゴードンをマーリンズに、ハンリー・ラミレスをレッドソックスに、チームの顔だった外野手マット・ケンプをパドレスに出した。

特にゴードンの放出は全く理解に苦しむところ。機動力が激減した。

代わりにパドレスから強打の捕手グランダル、エンゼルスから二塁にケンドリック、フィリーズから遊撃ロリンズを獲得。

グランダルは守備面での懸念があったが、それほど大きな破たんはなかった。エリスよりも打撃で貢献。

しかし、ケンドリック、ロリンズの新二遊間は攻撃面でも守備面でも平凡。入れ替えた意味が全くなかった。
遊撃は、コーリー・シーが―という楽しみな新人が上がってきつつある。

カール・クロフォードは故障がち。不良債権化が顕著になった。プイグも故障でまともに働けず。

世代交代は進んだ。
三塁をベテランのウリーベから奪ったターナーは予想外の活躍。
中堅は、故障がちのイーシアから荒っぽい打撃のジョック・ペダーソンがポジションを奪った。

大黒柱、エイドリアン・ゴンザレスは迫力こそなくなったが堅実な働きだった。

チーム打率は2位から10位に落ちた。本塁打こそ1位だったが、荒っぽい打線になりつつある。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


吉田孝司、全本塁打一覧|本塁打大全

発売しました!