岩隈久志のドジャースとの大型契約が破談になったのは、ショッキングなできごとだった。
日刊ゲンダイ
西海岸の代理人関係者がこう言った。
「ドジャースと代理人サイドは、身体検査が終わるまで正式発表を控えていた。合意が漏れたのはおそらく、断りの連絡が入ったマリナーズサイドからでしょう。岩隈は今季、右広背筋を痛めて4月下旬から2カ月ほど離脱している。それでドジャースは綿密な身体検査をしたのではないか。最初の診断で引っ掛かり、別の病院でセカンドオピニオンを仰いだ結果、問題が生じたのでしょう」


おそらくは古傷の右広背筋だけでなく、右ひじにも不安な兆候が認められたのではないか。岩隈もスプリッターの使い手だ。田中将大やダルビッシュ有と同じ傾向が見られても不思議ではない。

岩隈はマリナーズに復帰した。
スポニチ
3年総額4500万ドル(約54億4500万円)で一度は合意したドジャースと16日午前に契約見直しとなってから約48時間後の残留会見となった。年俸1000万ドル(約12億1000万円)の単年契約ながら、最大で3年総額4750万ドル(約57億4750万円)となるオプション付きの契約内容も判明した。

マリナーズは一度はクオリファイング・オファーを提示している、今季は1580万ドル。今までこのオファーを呑んだ選手はいない。岩隈もこれを拒否してFAになったが、紆余曲折を経てクオリファイング・オファーよりも大幅に低い金額で契約した。
ただし岩隈がまともに投げることができれば、ドジャースの条件を上回る金額を手にする可能性も残されている。

互いにとって賢明な選択だろう。

DSC06292


ここ数年、MLBは日本人投手の健康面に非常に神経質になっている。
岡嶋秀樹は2011年、ヤンキースとマイナー契約を結んだが、メディカルチェックで異常が見つかりキャンセルされている。
昨年は、ダルビッシュ、田中将大の右ひじに異常が見つかった。ダルビッシュは翌年春にはトミー・ジョン手術をした。田中は右ひじを温存して今シーズンを乗り切った。

日本人投手は高校時代に肩、ひじを酷使している。NPBでも100球を大きく超えて投げている。だからひじや肩に古傷を持っていることが多い。またアメリカの投手があまり投げないフォーク(スプリッター)を多投するため、ひじに負担がかかっている。

これがアメリカ側の見解。ダルビッシュなどは

MLBは中4日でローテーションを回している。これではひじや肩は回復しない。いくら球数制限をしても回復しない。登板間隔が短いことが故障の原因になっている。

と反論している。

確かにMLBの投手もどんどんひじを故障し、トミー・ジョン手術を受けているから、ダルの主張もうなずける。

しかし、MLBサイドは「日本人投手は健康面に不安がある」と思っているようだ。
前田健太の契約に関しても、健康面が各球団の懸念材料になっているだろう。
メディカルチェックが大きなポイントになりそうだ。

マリナーズが再契約したのは、豊浦彰太郎さんも言っている通り、岩隈の健康面についてより多くの情報があったからだろう。

それにしても今のMLB球団の選手獲得の基準はずいぶん変わってしまった。
チーム作りはクリエイティブではなく、投資のようになっている。編成、選手の獲得は、まるでデリバティブのようだ。
お客さんが喜ぶような魅力ある選手を獲得するというよりは、いかに勝ち星に結びつく選手の組み合わせを作るかに躍起となっている。それが資金面やさまざまな状況によってできないと見ると、一気にチームを崩壊させる。
選手の年俸が巨大になり、今も高騰し続けていることが背景にあるのだろうが、身もふたもない、という感じだ。

そういう観点からは日本人投手は、魅力的ではあるがリスキーな商品なのだろう。

こういうの、面白いという人もいるが、私はどちらかと言えば苦々しい気持がしている。
野球をマネーゲームにするのは、ほどほどにしてほしいと思う。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年Y.エレラ、全登板成績【27ホールドポイントでチームに貢献】

発売しました!