髭の男前という印象。野茂英雄とのコンビが強く印象に残っている。

88年にドジャースに入団。指名順位は極めて低い62巡目。全体では1988番目。こんな低順位からMLBに上がったこと自体が奇跡的だ。
同期いの一番はアンディ・ベインズ。他にティノ・マルティネス、ロビン・ベンチュラなど。
キャリアSTATS

Piazza


4年目にMLBに昇格。翌年新人王。野茂英雄とバッテリーを組んだのは3年目。
以後4年間コンビを組んだ。
野茂の一番良い時を知る捕手であり、他のコンビよりも結びつきは強かったのではないか。

98年位ドジャーズ、マーリンズ、メッツと渡り歩く。
この間、10年連続でオールスター出場、シルバースラッガー受賞。
一度もゴールドグラブを受賞しなかった。とにかく「打てる捕手」という定評があったからだ。
晩年までオールスターに選出。とにかく華のある、スター選手だった。

一時期薬物疑惑もささやかれたが、一応クリーンだということで、候補になって4年目で選出された。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


2015年L.メンドーサ、全登板成績【2年目に初の2ケタ勝利】

発売しました!