猫も杓子もMLBに挑戦したなかの一人という印象が強かった。
今はない高知県立高岡高校宇佐分校から三菱重工三原を経てドラフト3位で90年にオリックス入り。
野村はオリックスと近鉄に重複指名され、オリがくじ引きで勝って獲得。
オリの同期1位は長谷川滋利。
元木大介、高津臣吾、下柳剛、佐野重樹、矢野輝弘、小池秀郎、村松有人らも同期だ。
キャリアSTATS

Nomura-Takahito


2年目から救援投手として活躍。
いわゆるセットアッパーとしていい働きをした。左腕のスリークオーター。球の出所がわかりにくい。急角度のスライダーが武器だった。
日本シリーズでの活躍が目立った。松井秀喜に強かった。

29歳で巨人にトレードで移籍。しかし徐々に成績が落ちて、4年で戦力外に。
170cmの小兵で球威がないだけに、制度が甘くなると通用しなかった。

MLBにわたり、ブリュワーズのロースターに引っかかる。しかし通用せず1年で日ハムに。往年の力はなく、引退した。

2006年に覚せい剤所持で逮捕。執行猶予付きの有罪判決を受けた。

2010年、当サイトがまだワードプレスだった時に「実力を十分に発揮できず」と書いたところ、ご当人から連絡を受け、「名誉棄損で訴訟の準備をする」と言われた。
「残念ですが、ご連絡をお待ちします」と返したが、それっきりだった。
今、サイトを探したが、そのときの記事は見当たらなかった。ワードプレスに置き忘れたようだ(サイトは閉鎖した)。

食うに困って、清原の件を暴露したのだと思う。自業自得とはいえ、末路哀れである。


2015年戸村健次、全登板成績【先発に中継ぎに、進歩した6年目】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


好評発売中