DeNAは昨年、投手陣、とりわけ先発陣の戦力不足によって失速したが、今年も補強は軽微だった。
(ご指摘があり修正)。

左が2015年、右が2016年の陣容。ベージュが移籍選手。ブルーが新加入選手。グレーが新人選手。

DeNA-P


育成選手を除く投手の退団、戦力外は、以下の通り。

 加賀美希昇
 東野峻
 岡島秀樹 オリオールズとマイナー契約
 土屋健二
 大田阿斗里 オリックスと育成契約
 赤堀大智
 高橋尚成 引退

27歳のぺトリックを獲得したのみ。
彼は紹介していなかった。キャリアSTATS

Petrick


ドラフト外で2012年にカーディナルスに。
2013年はマイナーでのMVPになる。その後伸び悩んでいるが、出世前の若い投手。
速球は140km/h台半ば。これがMLBでは評価されなかったと思うが、制球力もよく、うまくいけば大化けする可能性があるのではないか。よく取れたなと思う。
キャンプでも精力的に投げていた。

これに昨年一軍で投げなかった巨人の久保裕也が加わったのみ。

IMG_5687


他の補強はなし。あとは4人の投手をドラフトで仕入れただけ。
結局、DeNAは投打通じてNPBの他球団から一人しか選手を取らなかった。
オフに仕事をしないのはNPBのフロントに共通だが、これで成績痾上がるなら、フロントなどいらないことになる。

40歳の投手が2人抜けるなど、平均年齢は若返ったが、NPB最年長の三浦大輔を筆頭に主力投手陣は全員ひとつ年を取った。

IMG_5704


若い砂田や石田健大、新人の今永昇太に賭ける気かもしれないが、あまりにも楽観的に過ぎる。

昨年、救世主になった山崎が今季も同様の活躍ができる保証はない。
多くの場合、若いクローザーはブレーク翌年には成績を落としている。

昨年と同様、あるいは昨年以上に成績が落ち込む可能性も十分にあろう。


2015年戸村健次、全登板成績【先発に中継ぎに、進歩した6年目】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


好評発売中