ベースボール・チャンネルでも清原と江夏についてふれていたが、今回の不祥事のインパクトは、3年前の「清武の乱」に匹敵する。まさに球界を揺るがしかねない。
なぜそうなったのか、一つには清原和博の「大きさ」があるだろう。
成績的にも大選手ではあるが、清原は高校生の頃から注目度が極めて大きかった。今、当サイトで紹介している通り、甲子園では空前絶後の大活躍をしたからだが、それだけではなく、清原には常に「物語」がついてまわった。

ドラフトでの巨人の裏切り(と思われている)、僚友桑田真澄の背信(と思われている)。
西武での活躍、巨人との日本シリーズでの清原の涙、そしてFAでの巨人入団、そこからの衰退、落剝の物語と、清原自身のモンスター化。
清原は実績以上にキャラクターが“大物感”を漂わせていた。

江夏も確かに大物選手ではあったが、活躍の舞台は関西、ローカル、パ・リーグが中心であり、全国区の“大物”の印象が乏しかった。

さらに言えば清原は、成績が下落して不良資産化するのと反比例して“大物感”が増していった。野球選手としての実態が薄れるとともに故ナンシー関の言う「何様度」が上がって、それが世間の反発と好機の目を集めた。

PA312587


江夏は不振の時期もあったが、先発から救援への転身を見事に果たし、キャリア晩年まで「優勝請負人」として高い評価を得ていた。実態とイメージはかい離しなかった。周囲の人はわがままぶりに手を焼いたといわれるが、少なくともファンは「400奪三振」「オールスター9連続三振」「江夏の21球」と次々と「伝説」を生み出してくれる江夏をリスペクトしていた。

引退後8年目に江夏が覚せい剤所持で逮捕されたときには、世間は大きなショックと失望を感じたが、江夏には「更生してほしい」という希望の声が多く寄せられた。
その声にこたえて江夏は見事に更生し、今は関西を中心に評論家活動をしている。
独特の節回しのその解説は、ある種の芸になっている。江夏は、選手を「○○君」と呼ぶが、そのあたりに彼が現役選手に寄せるシンパシーを感じることができる。

要するに江夏豊の「転落の物語」は起承転結がついて終わっている。そして、その物語は天才にありがちな「役者子供」のようなキャラに起因するものであり、江夏だけの話だと思われている。

しかし清原は現役時代半ばから、すでに「不良化」していた。
ろくな成績も上げていないのに徒党を組み、周囲を睥睨する。わけのわからない理由でピアスをあける。常軌を逸した豪遊をする。
球団や関係者はそういう清原を腫れ物に触るように扱い、甘やかした。おそらくはそのころから裏社会とつながり、深刻な事態になっていただろうが、周囲はそれを看過した。
極論すれば「やくざが野球をしている」ようになっていったのだ。

そして引退後の清原は、「野球」という玩具がなくなったために、暴走に歯止めが利かなくなった。
解説者か、タレントか、何ものなのかよくわからないが、とにかく異様な威圧感のあるモンスターになっていったのだ。

江夏の覚せい剤が「予想外」だったのに対し、清原の覚せい剤は「やっていないほうが不思議」だった。
多くの人は「いつになったら破滅するのか」と思いながら、清原を見つめていたはずだ。

その挙句の逮捕劇。清原の覚せい剤所持量は江夏の1000分の一だそうだが、そのショックは江夏の時よりも1000倍も大きいし、深い。

なぜなら江夏は「大選手が引退後の空虚感を紛らわすために覚せい剤に手を出した」というストーリーなのに対し、清原は「現役時代から不良化し、悪質化していった“舎弟選手”の悪事が、引退後、ついに発覚した」ストーリーだからだ。

江夏の罪は、個人に帰せられる。自己責任であり、贖罪すれば話は完結される。

しかし清原の事件の責任は、個人だけでなく、ここまでこの愚かな人間を肥大させた「球団」「球界」にまで及ぶ。
西武は、巨人は、こんな馬鹿な人間をのさばらせていたのか、野球界はやくざや裏社会とずぶずぶなのではないか。清原は氷山の一角なのではないか。野球界は、まともな業界ではないのではないか。

そう思わせたという点で、清原事件のダメージは深い。
NPBは、清原を「一部外者の犯した事件」と知らんぷりを決め込むのではなく、これを機に徹底的な調査をし、球界の浄化に努めてほしい。


2015年菊池保則、全登板成績【6年目で初の100イニング突破】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


好評発売中