ハンファを覗いた翌日は、朝、阪神の安芸キャンプを覗いた。


高知駅から45分、ごめんなはり線の「球場前」駅の真ん前である。キャンプ地にもいろいろあるが、これだけアクセスがいい立地は、他には巨人の那覇二次キャンプ地くらいだろう。

000


駅を降りて坂道を上るとすぐにサブグランドが見えてくる。ごめんなはり線ができたころ、何度か来たことがある。
阪神が沖縄、宜野座キャンプを始めたのは星野仙一監督のときだから、それほど古い話ではない。
それまでは安芸が一軍キャンプ地だったのだ。そのころは坂道にはぎっしりと売店が並び、にぎやかだったものだ。

001


それでも平日にも関わらず、駐車場はほぼいっぱい。熱心なファンが詰めかけている。

メインのグランドでは、ウォーミングアップからキャッチボールとメニューがゆっくり進んでいく。

聞きなれたがらがら声が聞こえる。掛布雅之二軍監督だ。

002


メディアも少数ながら来ているが、お目当てはこの人だろう。
気持ちよさそうに、選手やコーチに声をかけている。

キャンプを歩くとわかるが、指揮官が明るくて元気だと、キャンプの雰囲気も明るくなる。
宜野湾のDeNAは、中畑前監督、ラミレス新監督ともに明るかった。
宜野座の阪神は、昨年はおとなしかったが、今年の金本監督は精力的に歩いて声をかけている。
浦添、ヤクルトの真中監督はどこにいるのかわからない。
読谷の中日の谷繁監督も陰気だ。

そういう空気とチーム状態は比例するのではないか。

しかし高知は寒い。
沖縄も例年になく寒かった。ユニクロの薄いダウンを羽織った人が多かったが、それでも15度、高知はなんと1度。
「昔は高知がキャンプのメッカやったが、宮崎と沖縄に取られた」と高知の人は嘆くが、気温は大事な要素だ。

005


打撃練習のケージの横で藤本敦士コーチがノックバットをふるう。外野から内野へ。ときどき失敗すると陽気なヤジが飛ぶ。

003


004


サブグランドでは投手がキャッチボール。

006


まだまだみていたいが、用有りの身である。寒風の中、キャンプ地を後にした。


注目!王貞治全本塁打
王貞治、チーム別&球場別本塁打数|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


好評発売中