ドーピング問題と清原問題は分けて考えるべきだと思っている。その整理に対する読者の声

ドーピングと清原問題の「問題のずれ」について|野球があぶない!


野球界の周りに暴力団がいる
鷹De

まずその深刻な事態には至っていないという証明が存在しないからこんなことになってると思うんですが(いやまあ証明しろと言っても悪魔の証明になってしまいますが)
第2の清原和博をいなくなるようにするために決定的な打撃になるかというとそうではないと思いますが打撃にはなります
ロシアのドーピング問題では選手を調べていくうちに組織にたどり着きました
野球賭博といい清原といい、野球界の周りに暴力団がいることは間違いありません
検査を強めることは、選手が手出しをすることを抑制すると同時に手出しをしてしまった選手に迅速な対応を行える効果があります
清原も現在事情聴取中です
ただ処罰するだけなら今頃すでに裁判始めてるでしょう
事情聴取で得た情報を手に警察が暴力団の撲滅にかかり、綺麗に撲滅できれば他の暴力団もなかなか野球選手に近づけなくなります(かなり希望的観測だけど)
ハイエナを完璧に近づけなくさせるのは無理です。しかし近づいてきたハイエナを根こそぎ撲滅させることはできます

オリンピック規格に合わせるべき
ぱっくり

オリンピック期間中、ほぼ毎試合あるので、もし復帰を目指すならその規格に合わせるべきでしょう。じゃなかったら、オリンピック競技を諦めるべきでしょう。そのどちらかだと思います。オリンピック競技という、肩書きを得たいのかどうか、そこまでして。

例え数人でもいたら大問題
リーフ

じゃまくさいとは記録を語るサイト主のコメントとはおよそ思えませんね。
MLBほど深刻じゃないから優先度は低いなんてことはないでしょう。
そもそも小規模かどうかも分かりませんが、例え数人でもいたら大問題ですよ。
ドーピングと麻薬汚染は密接に関係しています。どのように根絶していくかをセットで考えるべきでしょう。

ドーピング検査云々を持ち出すと収集がつかなくなる
tobata

薬物を処方される選手のだいたい60%が疲労回復のためらしいです。睡眠をとるための痛み止め等ですが、WADAの基準でいけばこれも禁止薬物に該当します。
NPBがいまだにJADAに加盟できないのは、ケガで調整中の選手が1軍に復帰した際にこれらの薬物が残っていてドーピング検査に引っかかってしまう恐れがあるためのこと。
「ドーピング」と聞くと筋肉増強剤などを連想していまいますが、禁止薬物は多岐にわたっており、それこそ「うっかり服用した風邪薬に禁止薬物が含まれていた」ということも日常茶飯事で起こりえます。
NPBがなにも対応をとっていないわけでもないので、やはり清原問題でドーピング検査云々を持ち出すと収集がつかなくなる恐れがあります。

ぱっくり

JADAに加入できないようなら、オリンピック競技というものを諦めて別の方向でやればいいだけでしょう。当然、東京オリンピックの競技にも復帰することを自主的に諦めるべきでしょう。
基準に満たせようとしないのだから仕方ありません。当然、今後もオリンピック競技ではないというレッテルが付きまとっても仕方がないです、それを払しょくする目的もあって復帰したいのか知らないですけど。開催期間中の報道が野球の報道なりあらゆる問題があるから復帰したいのか知りませんが、その規格が満たす気がないなら無理でしょう。

広尾 晃
ぱっくりさん

NPBがどう思っているか知りませんが、私はオリンピック競技になることが野球の将来にも、国際化にもプラスになるとは全く思っていません。
オリンピックも相当おかしな方向に行っていると思いますし、野球の興行形態とは相いれなくなっています。

P2160330


特効薬なんてない
鷹De

個人の腐敗ならともかく、ここまで連続して不祥事が起きてるのに劇的回復の特効薬なんてありませんよ
有効な手は全部長い目で見なければ解決しないレベルですし2階からだろうが目薬を連続して発車していかなければ無理ですよ
即効で解決する策なんて野球選手が暴力団にとって価値がなくなるレベルに没落するしかない

広尾 晃

鷹Deさん

ドーピング規制は一つの手段でしょうが、それが本命の対策ではないと言っています。反社会的勢力との接触を断つ方法は、他にあります。
一般企業がやっているような暴対の導入や、警察との協力などもあります。
本質的には、入団契約に際してのキックバックが周辺の人物に流れることを禁じるなど、金銭の流れを明確にすることが大事でしょうが。

原監督の一億円問題の時にきちんと対処できなかったことは大きい
キヨ

裏社会との癒着で言えば、原監督の一億円問題の時にきちんと対処できなかったことは大きいと思います。
間違ったメッセージを出してしまったのではないでしょうか。
ドーピングは、現行制度では薬物汚染がどの程度進行しているかどうか判断できません。
私はWADAに加盟するかは別として、きっちり対処すべきだと思います。
世間は、覚せい剤問題とドーピング問題は別問題と言っても、そうは思ってくれません。

ABC

野村氏の告白を見る限り、ドーピングではなく違法薬物を摘発するために全体検査を行う必要があるぐらいに思えますけどね。

ドーピング検査を優先的にやる理由はない
tobata

NPBがなぜ覚せい剤をドーピングの検査対象から外してるかというと、覚せい剤は短期的には名の通り覚醒効果と集中力を高める効果がありますが、副作用として不眠を伴います。
長いペナントレースを戦うなかで覚せい剤を使い続ければ、不眠による疲労蓄積というデメリットがメリットをはるかに上回るため(当然、その他の深刻な副作用ももたらします)、ドーピングの想定から外しているのです。
2/9に各球団の代表が集まって緊急会合を開いているように、NPBもこの問題(反社と薬物汚染)については危機感を持っているようです。
「ドーピング検査の強化」は世間体を保つだけの対応であり(おそらく「検出されませんでした」という話で終わり)、これを優先的にやる理由はないでしょう。

覚せい剤をドーピング検査の検査項目から外すのはありえない
ぼんちゃん

この問題は裏社会との繋がりが本質であり、ドーピング云々は別の問題というのは分かります。
しかし以前のコメント欄で覚醒剤はドーピングではないのでドーピング検査で見つからない可能性があるという類いの発言には疑問でした。
(私の読み間違いだったら申し訳ない)
覚醒剤は古くはヒロポンと呼ばれ、疲労回復・集中力向上・気分の高揚などを謳い
兵士や激務の労働者やアーティストなどがドーピングや栄養剤のように使っていた歴史は有名です。
おそらくヒロポン合法時代には職業野球で使った選手も多かったのではないでしょうか。
現在ではステロイド等が主流でコカインや覚醒剤などはドーピングの主流でないことは確かですが
だからといってドーピング検査の検査項目から外すなどということはありえないと思いますよ。
ただ単にNPBがポーズだけでロクにドーピング検査をしてないだけだと思ってます。
近年多くの有名メジャーリーガーがドーピングにひっかかったのに、NPBでは一人もかからないことを私は不自然に思っています。
日本人は民度が高く武士道を重んずる国なので米国と違い不正はしないなどというマスコミもいますが、
そのような情緒では私はこの現象に納得はしません。

クリーンさを求めるファンは野球から離れていく
ロッテファン

野球に深くかかわっている人ほど、野球界の闇には触れたがらないですね。
近年も野球賭博、暴力団への現金授受問題などありましたが、野球関係者やそれに近いメディアからは徹底した追及を求める声は聞こえませんでした。
おそらく疑惑を追及し、膿を出し切る過程で野球人気が低下することを恐れているのではないですか。
そうして有耶無耶にして問題から逃げれば逃げるほど、クリーンさを求めるファンは野球から離れていくと思います。



注目!王貞治全本塁打
王貞治、チーム別&球場別本塁打数|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


好評発売中