いい感じでばらけている。

miyabino


1は様々な形のヒットが打てて、四球も多い柳田で 
2はここで実績を残してもらいたいので筒香で。 

3は中村が本命なんですが、敢えての中田で。 
柳田は「長距離」バッターではあるんですよ。 
だけど高度が低すぎる。彼はゴロが多いんです。「長距離」「低高度」。 
足して二で割って中距離ヒッターということで。 
もし柳田が高高度を覚えたら、40ホームラン行けるとは思うんですけど 
4山田は本当に高度の高い打球を飛ばす。ビシエドもすごいですが此処は山田で。 

5最初柳田の出塁率からカニザレスって言おうとしたんですが、 
長谷川と併用っぽいので、5番ではなく4番がということで内川にしました。 
去年は慣れない主将四番で成績を落とし。今年は一塁守備で苦しんでいますけど。 
6は最初、鳥谷といいそうになりましたけど自重して打順を上げてゴメスに。 
共通して強いチームの456番が打点を稼ぐのではという予想です。 

7盗塁は当人の力量と同じくらいチーム方針が重要と思います。 
例えば去年のホークスの盗塁数が少ないのはそういう方針だったからと聞いてます。 
そう考えると日ハムと楽天が特に盗塁への意識が高く、 
その中で今年一番に定着しそうな楽天岡島選手を上げました。 
8は正直分かりません。広島の選手かなと思うんですが、立岡選手にぜひ頑張ってもらいたい!
9最多勝はやはり優勝に近いチームから。また長い回と登板数の多さも重要です。 
エースの自覚も出てきた武田投手を挙げたいです。 
ただ最多勝と奪三振については明らかに大谷投手の登板数・投球回数次第の側面はあります。 
10正直分かりません。菅野は投球回数の少なさ、藤浪は疲労の怖さで考えると小川かなと。 

11投球回数関係ない分大谷で確定ですが、面白くないのであえてのバンデンハークで。 
去年そのままにやってくれればきっととれるはず。 
12菅野投手。セリーグ版の大谷投手みたいだなあという程度の理由です。 

13奪三振。私は大谷投手がそんなに登板するとも思えないんですよね。 
無理させたらどこかでガタがくる。なので鉄板で則本投手で 
14正直よくわかりません、敢えて名前の挙がってないジョンソンでいいでしょうか。 

15西野と迷いましたが。今年だけならまだサファテだろうと。 
16巨人の打撃状況、今の時点ではよくなっているようでそのままでと仮定するなら澤村かなと。 

17上林が新人王の資格者と知らなかったのは不覚。それなら彼じゃないかと思います。 
18横田と悩みましたが、より華のある高山で。


1976・77年西本聖、全登板成績【二軍で最多勝からの一軍定着】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


好評発売中