ホークスでは野村克也以来の強打の捕手。もう少し活躍できたと思う。


1969年5月生まれ。田口壮、立浪和義、若田部健一、久慈照嘉、桧山進次郎、タイロン・ウッズ、片岡篤史、伊良部秀輝。

1987年ドラフト5位で南海ホークスに入団。南海最後のドラフト。

キャリアSTATS

K-Yoshinaga


南海時代は一軍経験なし。初出場は1990年4月10日、グリーンスタジアム神戸のオリックス戦。3回に代打で佐藤義則から初安打。

早くから打撃センスの良さが際立っていた。長打力よりもバットコントロールの良さが光る巧打者。
左打席での構え、スイングは門田博光によく似ていた。

1992年には正捕手になり、.290を打って打率8位、以後も捕手としては高打率をマーク、大捕手になっていくかと思えたが、1997年に城島健司に正捕手の座を奪われ、打撃を生かすためにDH、一塁手として起用される。

1000本安打はダイエー時代の2000年5月9日の日本ハム戦、3番指名打者で先発し、記録。

このオフに巨人にトレードで移籍。
DHがないセ・リーグ、しかも選手層が厚い巨人では、活躍の機会がほとんどなかった。阿部慎之助の控え捕手になったが、ひざの故障もあり34歳の若さで戦力外になり引退。

パのチームに移っていれば、あと3~4年は元気にプレーできたのではないだろうか。



1974年松岡弘、全登板成績【13年ぶりAクラス入りに4年連続2ケタ勝利で貢献】



nabibu-Yakyu01
私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!


好評発売中