2017年に独立リーグは3球団を新たに加える予定だ。それを含めて日本のプロ野球チームを俯瞰しよう。


本拠地別に1軍、2軍、3軍、独立リーグまでを並べてみた。

Puroyakyu-Team


NPBは1軍12、2軍12、3軍2、四国アイランドリーグplusは4、BCリーグは来季2を加えて12、独立リーグ機構には加盟していないが、ベースボールファーストリーグは来季1を含めて4。
全部合わせると44チームあることになる。
NPBと独立リーグでは比較にならないほど経済規模が違うが、それでもプロ野球チームである。

本拠地、地域的に見ると偏っている。

北海道1
宮城県2 福島県1
東京都2 埼玉県5 千葉県2 神奈川県4 栃木県1 群馬県1
新潟県1 長野県1 富山県1 福井県1
愛知県2
大阪府3 兵庫県4 滋賀県1 和歌山県1
広島県1
香川県1 徳島県1 愛媛県1 高知県1
福岡県3

関東地方に15、関西地方に9もある。2軍と3軍の本拠地は同じだし、1軍と2軍の本拠地も近いエリアにあるのが一般的だからだが、これだけチームがあれば、あと3つ足せば47都道府県にプロ野球チームを置くことが可能になる。
住金かずさマジックや茨城ゴールデンゴールズ、NOMOベースボール倶楽部をはじめ、市民球団、クラブチームも参加することで、NPBを頂点とするマイナーリーグを編成することは十分に可能だ(指摘があって修正した)。

NPBは18球団程度に増やした方が良いと思うが、これを全国において、自軍の二軍、三軍と独立リーグ球団をその傘下に置く。AAA、AA、Aの3ランクに分けてもよいと思う・

球団は独立リーグを買収しなければならないのか、と思うかもしれないが、そうではない。今ある球団に、選手を派遣すればよいのだ。選手、指導者の年俸をNPB球団が負担し、試合運営費用や球団運営費は、これまでの独立リーグ球団が自分たちでねん出する。独立採算で会社を運営するということだ。

マイナーに派遣する選手の年俸は300万円程度、指導者を含めても1球団5000万程度で済む。下部に3球団を持っても1.5億円程度の負担で済む。
不良債権の選手を一人放出すれば浮いてくる費用だ。

サッカーでいうJ3のように、生活圏のすぐそばにリアルなプロ野球チームがある。これを実現しない限り、地域の野球文化はすたれていくだろう。

地域の球団は高校や大学、社会人野球とも交流を図って、地域に根差したプロ野球チームになるべきだと思う。



2016年黒田博樹、全登板成績【優勝を置き土産に現役を去る】


nabibu-Yakyu01
私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!