今、テレビをつければ栗山英樹があっちこっちに出演している。「二刀流」大谷翔平の生みの親である栗山監督の評価はうなぎのぼりだ。また、日本ハムの選手育成システムも高く評価されている。


大谷翔平という空前の素材を、ここまで成長させたのは、栗山監督の手腕だろう。昨日のNHKのインタビューを聞いても「怪我をさせず」しかし「可能性の芽を摘まず」ここまで伸ばしたのは見事だ。
投手として不振なうえに豆をつぶして、本人が「二軍に落としてくれ」と言った時に、打者として起用し、驚異的な成績を残したことなど、「栗山は未来が読めるのか」とさえ思ってしまう。

大谷だけではない、日本ハムは西川遥輝、中島卓也など若くて才能と意欲に満ちた選手が次々と出てきている。
レギュラー未満でも近藤健介、岡大海、谷口雄也、淺間大基、杉谷拳士など、個性的で目が輝いている選手がどんどん出てきている。まさに日の出の勢いだ。

大資本にモノを言わせて物量作戦で覇権を握ろうとするソフトバンクに対して、日本ハムは品質で対抗している。
そして今年はついにソフトバンクに打ち勝ったのだ。

もちろん、その裏ではシビアなマネジメントもする。糸井嘉男を放出したのも、陽岱鋼に冷たいそぶりを見せているのも、「実力者に大きな顔はさせない」という方針からだろう。
特に野手は、あとからあとからいい選手が出てきている。中田翔も年限が来れば、FA移籍を承認するのではないか。
ダルビッシュのように、NPBでは抱えきれない年俸になり、MLBで大いに商売になるのなら話は別だ。日本ハムはダルビッシュの50億円と言われるポスティングフィーで鎌ヶ谷を改修したし、ファンクラブのグッズも充実させた。次は大谷翔平の売り時を考えている。

IMG_6681


日本ハムは、まさに、スポーツビジネスのあるべき姿を体現している。

しかしながら、私は懸念を抱いている。
プロ野球は1球団では成立しない。12球団の共存共栄である。
何度も言及しているが「プロ野球ファン」というプールの水位が年々低下している中で、ファン層の拡大、特に地域との密着が急務になっている。
今、NPBは「都会のリピーター」だけが楽しむ娯楽になろうとしている。すそ野を広げて、地域の顧客を取り込まないと、枯渇する日がやってくる。
また、企業スポーツの衰退によって、社会人野球など野球選手の受け入れ先もどんどん減少しつつある。

こうした事態は、NPBにとってもはや対岸の火事ではない。市場の減少、顧客の減少と人材の払底は喫緊の課題だ。

ソフトバンク・ホークスは、三軍制を敷き、独立リーグや社会人、大学などとの交流戦を行っている。これは自軍の人材育成のためではあるが、地域と密着し、市場、人材を確保しようとする試みでもある。
今年から巨人も三軍制を敷き、主として東二本を転戦、四国やBCとも交流戦を行うなど、すそ野の拡大を進めている。

これらは金のかかる取り組みではあるが、先行投資であり、長期的に見れば自球団だけでなく、NPB全体に資するところ大である。
野球界では、この取り組みを拡大して、独立リーグをNPBの傘下にするとともに、三軍制、さらにはプロアマ交流をしていこうという動きがある。

PB168505


かなりの球団が賛意を示しているというが、日本ハムは独自のビジネスモデルがあるため、難しい。
北海道日本ハムファイターズは、本拠地こそ札幌にあるが、北海道地区との地域密着はそれほど強固ではない。
主催試合71試合のうち8試合は東京ドームなど本州で行っている。札幌ドーム以外の道内での試合は旭川2試合、函館、帯広各1試合の4試合だけだ。
そのうえ、二軍は千葉県鎌ヶ谷にあるので、北海道ではほとんど試合をしない。今年は8月に富良野と苫小牧で2試合をしただけだ。
日本ハムの北海道での試合は一二軍合わせて65試合。

ソフトバンクが一二三軍合わせて150試合近くを九州地区で行っているのとは大きな差がある。

日本ハムは北海道という新しい市場を開拓したことで、新たなビジネスモデルを打ち立てたが、採算が取れてきた現在、北海道市場をさらに開拓しようとは思っていない。
新球場を建設して、ホームの動員を増やそうとはしているが、道内の顧客を増やす取り組みはしていない。

要するに現有戦力で、今、存在する経営資源を使って収益を上げる以外のことは考えていないように思える。

全球団が三軍制を敷き、独立リーグや社会人などと連携しようとする動きが出た際に、ビジネスモデルが確立している日本ハムは、これに賛同することはできないだろう。
北海道に二軍を移設し、その下に三軍を作り、道内で多くの試合をすることなど、今の体制ではありえないだろう。

ミニマムで、自分たちのビジネスモデルを磨いている球団には、他に広島カープがある。
皮肉なことに、今年のNPBはこの2球団が席巻したわけだが、この2球団が抵抗勢力になる可能性は大いにある。

日本ハムは、自ら磨いてきた経営手腕、マネジメント能力をNPB全体のために生かすべきである。そういうパラダイムシフトがなければ、未来は暗い。



1964・65年中山義朗、全登板成績【巨人キラー、ノーヒットノーランを達成】


nabibu-Yakyu01
私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!