悪球打ちで知られた曲者内野手。個性的な野球選手だった。

1978年7月生まれ。同い年に鈴木 尚広、山井 大介、阿部 真宏、吉見 祐治、山本 省吾、小林 宏之、小山 伸一郎 、濱中 治、武田 勝、石井 義人、森野 将彦、高橋 信二、G.G.佐藤、関本 健太郎、前川 勝彦 、武田 久、MLBではジミー・ロリンズ、アラミス・ラミレス、ジョン・ラッキー、バリー・ジト 、クリフ・リー。

秋田高校、法政大学中退後、川崎製鉄千葉から2001年ドラフト10巡目でオリックスに入団。

キャリアSTATS

M-Goto


10位という低い順位ながら、キャンプで頭角を現し石毛宏典監督に見いだされる。特に打撃が評価され、開幕1軍をつかむ。しかも3月30日の近鉄との大阪ドームでの開幕戦に6番指名打者で初出場、8回表に三澤興一から二塁内野安打を打つ。

以後も一軍に定着するが、遊撃、三塁のユーティリティとして便利使いが多かった。

しかし平野恵一が阪神にトレードされた2008年に二塁手として規定打席に到達。

以後、レギュラーとして定着。打順は下位が多かったが、思わぬ殊勲打を打つ打者だった。

積極的に打ちに行く打者で、四球が少なかった。2012年などは546打席でわずか14個だった。

また、ストライクゾーンにこだわらない悪球打ちでも知られ、フォームを崩しても快打を飛ばす打者でもあった。

内野手としては平凡だったが、遊撃、二塁、三塁を同じレベルで守ることができるため、重宝された。

2014年、トレードで楽天に移籍。

すでに打者としても野手としても盛りを過ぎていたが、年俸はオリックス時代の 1.5億円を維持。
2年目には三木谷オーナー、デーブ大久保監督の支持もあってレギュラーに固定された。率直に言って楽天低迷の要因の一つとなった。

今季は50試合の出場にとどまり、戦力外となる。

ここまでの実績のある選手としては異例なことにトライアウトを受ける。打撃は4打数1安打だったが、内野守備ではファインプレーを連発し、格の違いを見せつけたが、再契約はならなかった。

IMG_6197


IMG_6268


オールスターには一度も選ばれず。タイトルもなし。不思議な選手だったと言えよう。


1973年加藤初、全登板成績

nabibu-Yakyu01

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!