斎藤佑樹の奮起を促しているともいえるが、投手の番号としては異例の「1」にするところに、彼を扱いかねている球団の苦労を見ることもできよう。

1946年に誕生したセネタースに端を発し、東急、急映、東映、日拓と名前を変えてきた日本ハム。すでに日本ハムになって来年で43年。

この間、背番号「1」をつけたのは16人。斎藤佑樹で17人目だ。

打撃成績

F-1


投手成績

F-1P


初代長持はこの年28歳でプロ入り。奇行でも知られた名物男だったが、引退後、埼玉県大宮工業を選抜で初出場、初優勝させた監督としても知られる。浦和学院監督としても一時代を築く。

大沢紀三男は大沢親分の次兄。

米川泰夫はのちにエースとなるが、この球団で斎藤佑樹以前に「1」を背負った唯一の投手。

以後の選手では大下剛史が名高い。俊足の名内野手だったが、広島移籍1年目で赤ヘルが初優勝したのが印象的。

菅野光夫は守備の人、早くに亡くなった。

広瀬哲朗は下積みが長かったが、のちにチームリーダーとなる。

MLB帰りのSHINJOからあとは、花形外野手がつける背番号になっていた。

今回の斎藤佑樹の背番号「1」は、違和感がある。
一から出直しともいえるし、ここでマイナス評価だと後がないとも考えられる。

この背番号をどうとらえるか、本人次第ではあろう。



1973年加藤初、全登板成績

nabibu-Yakyu01

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!