このオフの中田翔、ちょっと気になる言動が多いように思う。

大谷翔平と自分を比較して、ことさら卑下してみたり、栗山英樹監督との関係に言及して、不穏な時があったといってみたり。
どこか後ろ向きで、拗ねたような印象がある。

思うに、今オフの陽 岱鋼のFA移籍がかなりショックだったのではないか。
陽は、日本ハムを出たいとは思っていなかった。もっとこのチームでプレーしたいと思っていた。もちろん活躍に見合った年俸はほしかっただろうが、こんなに早く追い出されるとは思ってもみなかった。

日本ハムの最大の強みは「教育」だ。進学塾と提携した「コーチングシステム」で、選手のメンタル面を急速に成長させる。
大谷翔平のような優等生はもとより、ヤンキーのダルビッシュ有、中田翔、宇宙人の糸井嘉男、外国人の陽 岱鋼など、ほっておけばコミュニケーション面で難しいことになりそうな逸材も、うまく導いて、アスリートに成長させた。

陽も、中田翔も、「球団に育ててもらった」という恩義を深く感じているだろう。

しかし日本ハムが学校に似ているのは「教育」だけではない。「卒業」させることも、学校と同じなのだ。

年俸が高くなった選手は、売り時になると「卒業」してもらう。50億ものポスティングフィを球団にもたらしたダルビッシュは優等生だ。糸井はわけありの卒業、そして陽 岱鋼も。

大谷翔平は「MLBからお預かりした」という名目があるから既定路線ではあるが、来年FAを迎える中田翔も「卒業」が大前提のように言われている。
阪神などは、金本知憲監督が中田を調査するように指令を出したといわれている。
護摩行が好きなところなど、中田翔と金本はおらおら系として相通ずる部分が多い。

中田翔の発言は、そうした球団への鬱屈が隠されているように思われる。
彼も、陽同様、移籍したくないのだろう。でも、球団は来年になれば「出ていけ」というに違いない。中田翔は拗ねているのだと思う。

PB110194


私は中田翔のFA移籍には懐疑的である。陽 岱鋼の後を襲うような俊足好打の外野手は確かに育ってはいる。
しかし、中田翔のような本物のスラッガーは、日本人では大谷翔平くらいしかいない。
現代のONといわれるゆえんだ。
大谷が早ければ来年にもMLB移籍するといわれる中で、もう1門の大砲まで手放すのはあまりにも性急ではないか。
日本人選手には、好投手や守備の名手はあまたいるが,本物のスラッガーはめったに出てこない。
せっかく長距離打者に育ったのに、FAで放出して外国人スラッガーを取ってくるのは本末転倒だろう。

中田翔は、タイプは違うが稲葉篤紀、田中賢介に次ぐ、「野手のリーダー」としてさらに育てていくべきではないのか。


1973・74年小林繁、全登板成績【リリーバーとして頭角を現す】

nabibu-Yakyu01

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!