コメント欄でお年賀をいただいた皆様、本年もよろしくお願い致します。

野球界の本当の「進化」「発展」のために、起こってほしいことを列記する。明日以降、各項目について述べていきたい。


1) WBCの本当の意味での「成功」
日本が優勝してほしいとか、大谷翔平が活躍してほしいとかではなく、WBCが野球の国際化に貢献する、そもそも「継続する」ためには、どうなるのが望ましいのか。

IMG_0913


2) プロ野球界の浄化
野球賭博、裏社会とのつながり、薬物汚染。臭い物に蓋をするのではなく、多少屋台骨が揺らいでもよいので、病巣を全摘出してほしい。

3) 独立リーグのNPB傘下でのマイナーリーグ化
10年以上も野球の普及のために頑張り、NPBの人材供給源にもなってきた独立リーグと、NPBは手を携えるべきである。そうしない理由は今、ほとんどないはずだ。

PA040153


4) 甲子園改革
甲子園の功罪を明確にし、どうすべきなのかを明らかにする時が来ている。タブーはなしで、話し合いをすべきだろう。

IMG_8622


5) 野球指導者のライセンス制度の導入
もはやサッカーとの差は絶望的なほどに広がっているが、それでも指導者のライセンス導入は喫緊の課題だ。煙草を片手に子供を罵倒するような輩を排除し、子供を守る指導者だけにライセンスを与えるべきだ。

72ab47e72f892349cf4c6a05c9703f61_s


6) 幼児、児童への野球普及の本格化
5)とも関連するが、ようやくはじまりつつある「キッズ野球教室」を組織的、全国的に展開していく契機の年になればと思う。

272815582f32f9fc37c2414d9efd8463_s


7)「野球部」改革
これは野球界だけでできることではないが、異常なまでの密度で行われている「部活」を、本来の教育のレベルに戻すための元年になればよいと思う。

IMG_4562


8) アジア各国との連携の強化
野球がまだ普及途上にある国も含め、NPBは資本提携を含め、市場開拓、人材開発のために一歩を踏み出すべきだ。

IMAG0031


これまでも提示してきたが、明日から読者各位と議論していきたい。


1973・74年小林繁、全登板成績【リリーバーとして頭角を現す】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!