私は基本的に、助っ人は優遇されてしかるべきだと思う。慣れない異郷で日本人に交じって野球をするのは大変なことだからだ。MLBに行く日本人選手のことを考えればわかると思う。

そして、野球先進国から来た外国人選手は、日本の野球の進化に多大な貢献をした。
昔の日本人の中には、外国人選手に偏見を持ち、情けない対応をした人もいたが、そういう環境を加味しても、「偉大な助っ人」は、殿堂入りしてしかるべきだと思う。

その候補を挙げてみよう。打者、1000本安打、MVPの選手などが中心。赤丸は有望、オレンジ丸は可能性あり。日系、日本の学校で育った選手は除く。

gaikokujin-H


殿堂入りすべきと考えるのは、NPB最高打率のレロン・リー、三冠王のブーマー・ウェルズ、ランディ・バース、唯一の2000本安打のアレックス・ラミレスの4人。記録的に見てもこの4人を入れない理由はない。

さらに戦前の最強打者の一人だったバッキー・ハリス、チャーリー・マニエル、ウォーレン・クロマティ、ラルフ・ブライアント、ロバート・ローズ、タフィ・ローズは日本のファンに強烈な印象を残した点でも選ばれる可能性があろう。

スペンサーやブレイザーは、日本に野球技術、知識をもたらしたという「合わせ技」で殿堂入りしてもおかしくないが、その前に、競技者として赫々たる成績を上げた選手が優先されるべきだろう。

投手は少ない 100勝以上の4人。

gaikokujin-P


スタンカ以外はMLBでのキャリアはない。スタンカ、両郭はMVPも獲得しているが、殿堂入りするところまではいかないと思う。

ただしすでに1000人を超す選手がいる「外国人選手枠」を別個に設け、日米野球交流の功労者として表彰するなら、ここに掲げた選手、さらにボビー・バレンタインなども殿堂入りして良いかと思う。

読者各位はどう思うか?


D .スペンサー、全本塁打一覧|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!