投打の力量が大きく異なるオランダチームである。
発表されているオランダのロースター。

直近の成績。Dは予備登録。

WBC-Holland-P


DUTMは、オランダの国内リーグ。

主力になるのは3人の元MLB投手だろう。

中でもエース格は現ソフトバンクのバンデンハークと言うことになろう。こうしてみるとNPBで活躍する外国人選手が結構WBCに出ている。球団には気がもめることだろう。

ジャージェンスはMLBで53勝をあげた先発投手だが、昨年はCPBLの統一で投げていた。打高が続く台湾プロリーグだが、それにしてもよく打たれた。あまり期待できないのではないか。

マーティスも2014年は台湾で投げていた。他にはめぼしい選手はいない。

予備登録には、ドジャースのクローザー、ケンリー・ジャンセンが入っているが、準決勝までオランダが進む可能性はそれほど高くない。顔見せに終わるのではないか。


1971~73年新浦寿夫、全登板成績【この1勝までが本当に長かった。苦労したかいがあった】


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!