登板2試合目にして本来の投球を取り戻した。
開幕戦に続く連投。前日は上位打線だったが、今回は下位。

k-Uehara20170404


コルテン・ウォンにはいきなりボール3つと不安な出だしだったが、1球ストライクを入れたあと二飛。

アダムスは2-1からスプリッターを打たせる。大飛球となったが中飛。

ファウラーはスプリッターで3球三振。

しり上がりに調子が上がってきた。4月3日に42歳を迎えたばかりの上原は、今年もセットアッパーとして活躍しそうだ。


開幕戦本塁打王は誰だ!(後編)

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!